アセットアロケーション(2011年7月)

ID-100390699

本日は、アセットアロケーションについて棚卸をしてみました。

【現状のアセットアロケーション】
・流動性商品 5.9%
・日本株式 2.7%
・日本債券 51.3%
・外国株式 2.7%
・外国債券 21.2%
・その他 16.3%

国内債券の比率が高いですが、これはネットの定期預金が大半を占めています。その他の割合も膨らんでいますが、これは所持している金、プラチナの評価額が上がっている為です。

【目標とするアセットアロケーション】
・流動性商品 10%
・日本株式 20%
・日本債券 20%
・外国株式 30%
・外国債券 10%
・その他 10%

株式の比率が少なすぎるので、今後は国内外の株式取得を積極的に進めていくつもりですが、選別の手間を考えると、個別銘柄ではなくファンドでの積立が中心となりそうです。

また、積立もインデックスの商品をドルコスト法で積み上げて行くことを基本として運用していきます。

ファンドの選定基準は、以下の通りとしました。

・ノーロードであること
・信託報酬ができるだけ低コストであること
・再投資型であること
・テーマ型ではなく、基本的に充実なファンドであること
・償還期限がないもの
・設定されてから1年以上が経過していること
・ファンド規模が概ね10億円を超えていること

購入の際は、以下のサイトが大変参考になりました。庶民目線というのが、非常に有意義です。
購入したファンドについては、後日公表していきます。


ノーロード投資信託 徹底ガイド
http://noload.558110.info/ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。