貯金箱への貯金

ID-10042290

今日から一風変わった試みとして、貯金箱を活用することにしました。なぜ、一風変わった試みかというと、私自身、貯金箱を使っての貯金には懐疑的だからです。

お金を大事に貯めましょう…という教育用にもいいのかもしれませんが、資産を形成する上でのメリットはないように感じます。

・盗難リスクがある(小銭を盗む泥棒はいないと思いますが…)
・金利がつかない
・流動性リスク(壊さないとあけれないタイプ)
・紛失リスク(たとえば引っ越しの時)

大きい貯金箱になると、そもそも両替が面倒になったりします。

では、なぜ活用することにしたのか?
1つ、自分にとってのメリットを発見したからです。

小銭入れがついているタイプの二つ折りの長財布を使っているのですが、硬貨が嵩張ると、財布が膨れてみっともないばかりか、会計の際にスマートに支払いができなかったりして、どうしようかと考えていました。

小銭入れを別に持てばよいとは思うのですが、自分には複数を管理する自信がありません(たぶん無くします…)

そこで貯金箱!ルールとして毎日帰宅時に50円以下の硬貨については貯金箱に入れ、財布の薄さを維持することにしました。

資産の形成が目的ではないので、目標額も目標期間もありません。
使用目的も決まっていませんが、とりあえず1か月続けてみます。

果たしてどれだけたまるのでしょうか…

せっかくなので、ちょっと予想してみます。貯金箱に入れる金額は100円玉未満の硬貨となるので、1円~99円となります。そうすると平均値は0円+99円の2分の1になるので、49.5円。1か月を30日とすると、49.5円×30日で、1485円。ただし、経験上、硬貨がきれいに財布から消えたことってあんまりないような気がするので、もう少しあげて1500円と予想します。

果たして、近い結果が出るのか!どうでもいい企画だけどちょっと楽しいかも!

1か月後にご報告します。

【補足】 2011/8/2

今日、貯金箱に小銭を入れる際に気付いたのですが、金額予想の前提条件を勘違いしていたようです。

たとえば、上の発言だと
貯金箱に入れる金額は100円玉未満の硬貨となるので、
1円~99円となります
…と言っていますが、よ~く考えたら、
財布に10円玉が12枚あったら、120円入れるわけだし、
財布に50円玉が3枚あったら、150円入れるわけですw

こんなことにも気づかなかったなんて。。。(泣)

そもそもそうなると、どうやって予想すればいいんだ?小銭が平均何枚入ってるかにもよるわけですよね。。。そうすると、場合分けが必要になるんでしょうか。

うーん。。。

迷宮入りだ(泣)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。