保有ファンド③外国債券

投資信託/ETF/ETN

保有しているファンドを紹介するシリーズです。
3回目となる今回は、「外国債券」のカテゴリに属するファンドです。

投資の主役(エース)はあくまで株式であり、債券はリスクを緩和する
縁の下の力持ち、という考えを持っています。

先進国、新興国をそれぞれ分散して保有しています。

【中央三井-CMAM外国債券インデックスe】
ノーロード投信。信託報酬は、0.53%と低コストです。
恐らく、先進国債券ファンドの中では最安の部類かと思います。
長期投資を基本とし、毎月積み立てています。
再投資型なので、基準価格が安定している印象です。

【STAM新興国債券インデックス・オープン】
ノーロード投信。信託報酬は、0.63%と低コストです。
同系統のインデックスファンドには、CMAMシリーズやeMaxisシリーズが
ありますが、「新興国債券」の分類については、なぜか他2つのシリーズの
ラインナップがありませんので、選択しています。

他、外債のカテゴリでは外貨MMFを保有しておりますが、
そちらについては、別の機会に紹介します。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました