現在の問題点を点検

現在の資産状況の問題点を点検しました。

①金価格の高騰

金価格の高騰がとまりません。それによって含み益も拡大していますが、
価格上昇のペースが速すぎるような気がします。一種のバブルですね。
長期的にはやはり上昇すると予想しますが、短期的にはいったん調整
されるのが自然かと思います。
積立金額を減らして様子を見ていますが、株式取得の資金を捻出する為、
リバランスする必要があると思ってます。

②株式の比率が上がらない

毎月の積立によって徐々に比率をあげていく予定でしたが、金の高騰と株安
というダブルパンチによって、比率が逆に低下してしまっています。
評価損自体は問題はないのですが、追加買付のキャッシュも不足しています。

③外貨預金の処理

外貨については現在MMFを主流として積み立てていますが、3年以上前に
設定した外貨預金が大きく傷ついています(特に米ドル)。
いずれ円安になると予想していますので、塩漬けでも問題ないと思っている
のですが、資金を有効に活用できていないのでは?という考えも過ります。

以上、問題点をまとめてみました。
定期的に資産状況を点検することで、今後どうするべきか冷静に考え直す
よいきっかけになるかと思います。

●株式比率を上げるため、資産の一部でリバランスを実施する。
●株式購入には、金の利益確定分と、外貨預金の一部解約資金をあてる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。