大規模リバランスを断行 !!! 

偏ったポートフォリオをリバランスするため、本日外貨預金を解約しました。
外貨預金の半分は「外貨MMF」、もう半分は「国内外の株式」に振り分けます。

今回、外貨預金の解約を決断した理由です。

★外貨預金に魅力を感じなくなった
  ⇒外貨MMFへの移行
★外貨MMFおよび株式を仕込むには絶好のタイミングと判断
  ⇒急激な円高&世界同時株安
★為替介入は当分ない
  ⇒する場合は今週ではなく、お盆期間中に行われると推測。

現在保有しているファンドをバランスを見ながら追加購入します。
また、外貨MMFについても、米ドル、ユーロ、豪ドルを追加購入します。

これにより、資産比率は大幅に改善され、理想に近づきます。
反面、ドルコスト法を無視した突発的なリバランスとなるため、
高値掴みという危険を伴います。

ただ、これ以上の暴落はないと判断します。
しかしそこに明確な根拠があるわけではありません。
そういう意味ではまだまだ勉強不足であることを痛感します。

この結果が吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、
投資が自己責任であることは心得ています。
今回の判断が誤っており、結果的に大きな損失が出るかもしれません。

他の投資家は今回の世界同時株安という事態に対して、どのように
対応しているのか非常に興味深いです。

<今後の方針>
・リバランス断行後の資産比率を分析し、今後の投資方針を決める。
・「長期投資」「インデックス」「ドルコスト積立」の3原則に忠実な投資をする。
・スポット購入をする際の制約をルール化する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。