最強通貨「スイスフラン」

「円」は「ドル」や「ユーロ」に対して強くなっており、マスコミは「独歩高」
と報道していますが、事実は全く異なります。

「円高」なのではなく、「ドル」や「ユーロ」が財政危機や経済危機で
一方的に安くなっている状態に過ぎません。

また、円高になる理由の一つとして、安全通貨として逃避先に選ばれている
ということがよく挙げられますが、ドルやユーロに比べて、今はマシなだけで
あって、消去法的に選ばれているだけに思えます。

・超低金利
・長期間の低成長(失われた20年)
・国の累積債務は1000兆円を突破
・人口減少社会(超高齢化)
・政治力は皆無

このような国の通貨が長期間にわたって「強い」はずがないというのが、
私の根本にあります。短期的に60円~70円になっても、続かないと思います。
将来的に円安に振れる可能性は十分にあると思いますので、
その場合の対策を十分に取っておく必要があると思います。

最近注目しているのが、「スイスフラン」です。
これだけ円高が進んでいるので「円」が強くなっていると思ってしまいますが、
「スイスフラン」に対しては、一方的な円安が続いています。

安全通貨としてとしての格は、完全に「スイスフラン」に軍配が上がってます。

スイスは「永世中立国」であり、「武装大国」でもあります。
自国の物価も高いですが、経済が比較的安定している為、スイスフランは有事に
活躍します。その信用力は、「金より固い」 と言われています。

政治的に中立なのですから、他国から政治的で干渉される度合いも低いです。
そして、円と同じ低金利通貨であり、金利も安定しています。

残念ながら「スイスフラン」を手軽に購入できる環境はありませんが、
このような通貨があるということは、知っておくべきかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。