リバランス結果

投資知識/投資方針

リバランスを行いました。
アセットアロケーションの変化をまとめます。

・流動性商品  9.1% ⇒10.0%
・日本株式   3.7% ⇒ 6.8%
・日本債券  48.8% ⇒ 50.0%
・外国株式  2.8% ⇒ 7.0%
・外国債券  20.1% ⇒ 9.4%
・その他  15.5% ⇒ 16.3%

新しい画像

 

 

 

 

 

 

 

リバランス①
外貨預金を全額解約し、約5割を外貨MMFへ移行しました。
外貨MMFは外貨預金時と同様、米ドル、ユーロ、豪ドルに分散投資です。

リバランス②
残りの約3割を日本株式、外国株式へそれぞれ追加投資しました。
すでに保有しているファンドを万遍なく買い増ししています。

リバランス③
残りの約2割を証券口座(MRF)に移行。
今後の外貨MMFの積立準備金としました。

<リバランスの効果>
・懸案だった株式投資の比率の低さを改善させることができた。
・ビギナーのころ、適当に設定してしまった外貨預金を解約することができた。

<今後の課題>
・高騰している「金」について、リバランスを行えていない。

リバランスを遂行することで、理想の資産配分に一歩近づきました。

ただ、世界同時株安の影響を受けリスク資産が評価損にさらされており、
結果的に日本債券の比率が50%と、半分を占める結果となってしまっています。
ネット定期については来年1月まで運用期間が残っているため、解約不可です。
今後は毎月の積立額の調整によって、徐々にリバランスを行っていきます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました