5年前は貯金0円

預金/定期/国債/MRF

私が資産運用を始めたのは今から5年前、25歳の時でした。
当時から運用に興味はあったものの、あまり意識はしておらず、
漠然と考えているだけでした。

貯金0円!というのは大げさですが、給料日前などは、多くとも
数万円しか持っていなかったような記憶があります。
危機感はありませんでしたし、実際になんとかなっていました。

病気になった、借金を背負った…などという、特別な転機が
あったわけでも、〇〇という本に出会った、というような
出来事もありませんでしたが、楽天的な自分にしては
漠然と将来への不安を抱くようになったような気もします。

いざという時にお金がないと、選択肢が狭まるのではないか?

充分な資産があれば、好きな時に転職も結婚も旅行もできます。
たとえば何か勉強したいことができたときに、お金がないという
理由だけで諦めることもなくなります。

そういう「打算的」な理由で、資産運用を始めたといっても過言では
ありません。

資産形成の為に、5年間で行ったことを簡単にまとめてみました。

【タネ銭作りの為にしたこと】
・家賃の安い物件に引っ越し(月20000円節約) ※3年間で72万!
・給与から毎月一定額を貯金
・賞与は全額を貯金

【資産を運用するにあたって】
・関連本を何冊か読んで勉強
・実際に投資を始める

投資の成果はまだまだ不十分ですが、5年の間に年収分以上の資産を
形成することができています。

長期投資には、「知識」も「経験」も必要です。
ですが、一番必要なのはもちろん「時間」です。

始めたきっかけは適当なものでしたが、少しでも早く投資の重要性に
気づくことができて良かったと、最近感じるようになりました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました