鉄道ファンドを1000円だけ

投資信託/ETF/ETN

私の趣味の1つとして、「鉄道」があります。
趣味ということは、好きなこと、となるわけですので、
自然と鉄道関連の企業は応援したくなります。

ですが鉄道関連の会社は単元株価が高いところが多く、
なかなか手が出せません。
JR系になると、30万から70万程度の資金が必要です。

ミニ株やるいとう方式で積立てるにしても、単元株に到達
するまでに時間がかかりそうですし、積立終わったところで、
1銘柄への投資となるので、分散投資という観点からは
リスクが残ります。
資金に余裕があれば他の業種と組み合わせてリスクヘッジ
することもできそうですが、すぐには難しそうです。

また、鉄道の未来ですが、基本的に
「日本では暗く、海外では明るい」といった認識です。

北海道新幹線、北陸新幹線の開業後以降は新規開業区間は
なさそうですし、あったとしても長崎ルートぐらいでしょう。
リニア新幹線に至っては2025年に名古屋まで開通しますが、
やはり大阪まで延伸しなければ、あまり必要性は感じませんし、
経済効果も小さいような気がします。

また肝心なことですが、これから本格的な人口減少社会に
突入していくわけで、需要は右肩下がりとなります。
当然、新規路線の開発は控えられることになります。
鉄道各社は電子マネーや沿線開発、駅ナカ開発などで収益の
拡大に邁進していますが、根本となる運賃収入が減っていきます。

しかし、日本の鉄道における「定時性」と「技術力」はすごい!
海外に目を向ければ新規路線の開発案件は目白押しなわけで、
無限のチャンスが広がっています。
自動車に比べて、エネルギー効率、定時性、安全性という面で
優れているので、インフラ関連の投資先としては非常に有望です。

ということで、広く海外の鉄道関連株に投資できるファンドはないか?

探してみたところ、3つほどありました。
これ設定したの、鉄道マニアじゃないんだろうか。。。

・DWS鉄道関連株式ファンド
JPM 世界鉄道関連株投信
・国際-グローバル鉄道関連株オープン

3ファンドとも、主要投資対象は、世界各国(日本を含む)の上場株式。
世界の鉄道運営株、鉄道産業株(車体組立、鉄道部品、施設/建設)に
投資し、信託財産の成長を目指して運用を行うようです。

俗にいうテーマ型ファンドなので、手数料や信託報酬が高く、
高値掴みをしてしまう危険性も伴うと考えると、現時点では
購入を見送るのが本来は賢明かと思います。
ただ個人的には応援したいテーマなので、購入してみたい気持ちもあります。

私はネット証券しか口座を持っていませんので、上記3ファンドのうち
購入できるのは、グローバル鉄道関連株オープンのみですね。。。
他の2つは店頭型の証券会社でしか、販売していません。

グローバル鉄道関連株オープンの中身です。

・買付手数料3.15%
・信託報酬1.7325%
・決算年2回(分配型)
・総資産 6億円
・設定 2010年8月

うーん。。。手数料は高いし、実績もないし、資産額も少ない…
おまけにグロソブと同じ、国際投信ですか…

さすがにどうかと思います。

海外株式の比率も上げたいことだし、
遊び半分で1000円ずつ積み立ててみようかな。。。。

話のネタにもできますしね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました