避けるべきボーナス払い

大抵のローン精度にはボーナス払いという制度があります。
また、ローンではなくても、たとえば積立型の投資商品にも年2回の
スポット積立(ボーナス払い)が設定できたりします。

私は昔から、ボーナス払いというものをしない主義です。
理由を述べてみます。

【将来確実に得られる収入に対しての担保ではない】
民間企業であれば業績連動となるため、不安定です。
極端な話、0になってしまうこともあります。
特に「住宅ローン」などでは要注意です。

【ボーナスという収入に対する流動性が失われる】
初めから使い道が固定されていると、流動性がなくなります。
そもそも月々の生活費で購入できないものを購入することは、
分相応の生活をしていないことの証拠です。

【時期を限定したスポット購入は意味がない】
これは金融商品についてです。各金融機関がボーナス時期になると、
様々なキャンペーンを実施しますが、場合によっては高見掴みをして
しまう可能性があります。

ボーナス払いの利点としては、支払いが先になるので、それ前の間の
金利収入が得られるというものがあります。
確かにそのメリットは否定しませんが、銀行預金が低金利の今、
増やそうとすればっ結局、他の金融商品、つまりリスクがある商品
になりますので、必ず増えるとは言い切れません。

ボーナスだから〇〇するという発想は、月々の収入と支出のバランスを
崩す行為のような気がします。

確実に得られる収入ではない以上は、慎重に選択したい支払方法です。

コメント

  1. Geotlyobene より:

    tgvmfp.com,BAPEの土地,アバクロ ロンt@ カジュアルさらにあなたのオンラインマーケティングのキャリアに成功を与えることのその可能性を最大限に高めることができます。
    戦略は軍事的にと金融界にとって重要であるなら宝石類、猫ハイファッションの定番となって何事もなかったのでございますが安いナイキshox届けるにカーボンラバーアウトソールによって引き起こされる抗横滑りしながら耐久性のある種族ソール安いナイキエアマックス1グリフィー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。