運用は主体的に

銀行に預けるお金、これを銀行は「預金」といって宣伝していますが、
実態は銀行が顧客にする借金(債券)に他なりません。

お金には「貸す」と「借りる」しかなく、「預ける」という中途半端な
概念はないのです。
預金に利息が付くのは「貸している」からであって、「預けている」
からではありません。

ですから銀行は、利息を払うためにお金を増やさなければなりません。
融資して増やすか、運用して増やすかの2つです。
それに民間企業ですから、利潤も追求しなければなりません。

ですが、融資は優良な顧客が少ないために難しい(貸し渋り問題)。
この不況では、貸し倒れするリスクが常に付きまといます。
運用に失敗したからと言って、利息を払わないわけにはいきませんので、
運用先も大半は日本国債しかないと言われています。
運用利率(≒国債の利率)-銀行の儲け分=預金利息となるわけです。

どうせ国債で運用してるだけだったら、銀行を通す必要はありますか?
個人で買えば、国債の利息をそのまま貰うことができます。
私も含めて預金者は銀行員の高い人件費に貢献していることを
認識すべきではないでしょうか。

結局のところ、タンス預金と違い、燃えることも盗まれることもないので、
家に置いておくより少しはマシといった程度の認識で良いと思います。

その唯一の運用先の国債にもしものことがあったら、それこそ大変です。
国が破綻してしまえば、ペイオフなんて関係ありませんし…

リスクを取りたがらず全額銀行に預けている、つまり知らないうちに、
ほとんどを国債に投資している人がいますが、それこそリスクです。
(1つの資産に資金を集中投資していることと同じです)

自分の資産なのですから、他人(金融機関)任せにはせず、
自分の考え(主体性)をもって運用したいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。