過去を参考にするのは危険

マネーリテラシー

過去に学び、過去を教訓とするのは社会生活をするうえでは
重要なことで、だからこそ学校でも必ず歴史の授業があります。

ただし、投資において、過去に参考にしすぎるのは危険です。

たとえば、よく聞くフレーズにこんなものがあります。
「過去10年の中で一番の安値圏だから今が買い時」

これだけで判断して、投資をしてしまっては投資ではなく、
単なる投機(ギャンブル)になってしまいます。

少なくとも、なぜ安値圏になっているのか、それが経済状況に
よるものなのか、政治の混乱によるものなのか、他の似たような
銘柄(商品)に比べて本当に割安なのか、このくらいは調べる
必要があります。

過去のデータは結果に過ぎず、今後を左右するものではありません。
あくまで1つのデータとして、他の分析と合わせて使うものです。

私はファンダメンタルな分析はそれなりの効果があると思いますが、
チャート分析(テクニカル分析)には懐疑的です。

というか、そこまでしてたら、生活の中心になってしまいませんか?
という素朴な疑問があるんですよね。。。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました