円高で好機到来!

投資知識/投資方針

世間では円高対策が声高に叫ばれていますが、個人的には、

円高はしばらく続いてほしい!

と思ってます。

海外の資産が安く買える、絶好機ですからね。

そもそも、円高で恩恵を受ける人も大勢いるというのに、一部大企業の輸出業者に気を使って、為替介入を繰り返す日本政府も、意味が分かりません。

投資の基本は安く買って、高く売るです。

いま、円安になってしまえば、安く買う!を実現できなくなります。なので、70円付近までは全然ウェルカム!

円は明らかに過大評価されています。
日本の経済力はGDPシェアの低下を見ればわかるように、確実に弱まっていきます。弱い経済に強い通貨はあり得ませんので、将来的には必ず円安に振れるとおもってます。

その時にどの程度、海外資産があるかどうかが重要です。

独断ですが、2015年付近に日本の財政は行き詰ると思ってます。
個人金融資産と国の借金額が逆転する、いわゆる国債未達の瞬間です。

預金封鎖、大増税、ハイパーインフレ、超円安…

本当にそんな事態が起こるかどうかはわかりませんが、
1つだけ確実なことがあります。

政府は国の破綻を防ぐために何でもする

古くは鎌倉時代の永仁の徳政令、その後の後醍醐天皇の建武の徳政令、明治時代には大名の借金が棒引きされましたし、大日本帝国によって発行された戦時国債も紙切れになりました。

日本という国は、債務不履行(デフォルト)の常習国ですw

ということで…海外資産の比率を上げなければなりません。
しばらくの間、少なくとも2,3年の間は円高が続いてほしいです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました