読書(投資信託)

投資信託の本を1冊読みました。

『投資信託でゆっくり確実にお金を殖やす』
インド株ファンドから長期保有型ファンドまで (アスカビジネス)
                    ―鈴木雅光―

初級レベルの本ですが、買ってよい投信、買ってはいけない
投信がわかりやすく説明されており、良本です。
ある程度投資経験がある人でも、知識が整理されると思います。

ブックオフで105円でした。デフレ万歳!

買ってはいけない投資信託をまとめておきます。
カッコ内は自分の感想です…

・リスク限定ファンド(投資信託の意味がない)
・毎月分配型ファンド(福利効果を得られない)
・元本確保型外国投資信託(為替リスクを放置している)
・バランス型ファンド(アセットアロケーションに組み込めない)
・ご当地ファンド(限定投資は収益機会も限定する)
・匿名組合方式ファンド(論外)
・コンテンツファンド(投資するなら趣味として)
・ターゲットイヤーファンド(こんなの聞いたことないぞ…)

金融機関も手数料を稼がないと商売になりませんので、
いろいろとトラップを仕掛けてきます。

次はどんなボッタクリ商品が出てくることやら。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。