タイミングを計る愚かさ

株やファンドはどうしても、タイミングを計って購入したくなります。
いわゆる、「安いときに買って、高いときに売る」というものです。

自分も振り返ってみると、今が絶好のタイミングなのではと考え、
買い増ししてしまうことがありますし、それは今後も変わらないでしょう。

ですが、タイミングを図ることは愚かなことです。
その瞬間に長期投資としての資質を失っているに等しい。

そうわかってはいても、それを自制するのはなかなか難しいですね。

投資をする上でのライバルは、結局は自分自身です。
いかに、合理的に行動できない自分という人間をコントロールするか。
これは、数ある投資の指南書に繰り返し出てくる戒めの言葉です。
ゼロサムゲームではない以上、他人と比べても意味がありません。

タイミングを図ることは、神様以外には不可能。
頭としっぽは他の投資家にくれてやりましょう。

少なくとも私のような三流個人投資家レベルでは、今が過去に比べて
割安か割高か…くらいの判断しか尽きません。
今後のことは誰にもわからないと考え、投資に当たるべきだと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。