30歳とこれから

今日で30歳になりました。20代ともお別れです。

個人的には、男の全盛期は30代だと思ってますので、
これからどんな10年になるのか、楽しみです。

30歳ともなれば、いわゆる「まだ若いから」という言い訳は通用しなくなります。
財産形成においても同じで、「若いから貯金がなくても…」「若いから少しぐらい
借金があっても…」という、甘えは通じなくなります。
少なくとも世の中からは、厳しい目で見られます。

20代のうちに、資産運用の重要性や基本的な考え方、そして実際の
運用経験を積めたことは良かったと思います。
また、個人的には2008年のリーマンショックを経験できた、そして実際に
損失を被ったことは貴重な経験になりました。
若いうちに暴落を経験できたので、金銭的なダメージも少なく、
今では暴落してかえってありがたかったとさえ思います。

10年後の40歳を迎えるのは、2021年です。
このころには、アメリカと中国のGDPが逆転しているかもしれません。
そしてその中国も、インドに人口で抜かれているかもしれません。

未来の予測はできませんが、70億人以上の毎日の生活がある以上、
経済が好不況を繰り返しながらも、成長することだけは確実です。

成長のリターンを享受できるように、がんばります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。