金が1か月停滞している

相変わらず世界同時株安の状況が続いていますが、
その流れの逆を行くように高騰していた「金」の価格上昇が
落ち着いてきたようです。

もちろんまだまだ高値圏ですが、8月半ばに1900ドルを突破したものの、
今日の段階では1720ドル前後で推移している。

つまりこの1か月間、金価格は上昇をせず、高値停滞となっています。

今年に入ってから調整段階なく、駆け上がってきた印象があるので、
この辺で、ひと休みといったところでしょうか。

この後、大幅な調整が入るのか、それとも再び上昇軌道に乗るのか、
予測はできませんが、個人的には月初にポジションを下げ、利益を
確定させているので、気楽に見守ることができそうです。
結果論になってしまいますが、売っておいてよかった。

次の課題は、プラチナをどう処理するか。
比率が全資産の6%強となっており、これを金と同様の比率まで落とす
必要があると思ってます。

コモディティなどその他の商品は、全資産の10%という割合を目標と
しています。REITにも投資している以上、貴金属の投資は5%前後が
適正と考えています。

さーて、どうしようかな。うーん。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。