個別株投資を考える②

個別株投資を考えるシリーズ、2回目です。

愛読書の1つである『投資戦略の発想法』を再読し、
基本的な戦略を復習しました。

それらに、自分なりの考え方をマッチングさせて、
基本的な戦略を定めました。

【銘柄は20種に分散する】
著者は日本株式で20種購入することを推奨していますが、
私の場合は、国内15種、先進国3種、新興国2種で考えています。
20種に分散することで、下落リスクを抑えることができます。

【業種を分散する】
まずは本に倣って、業種を12種以上に分散します。

【好きな会社を買う】
本来であれば、銘柄ごとにスクリーニングし、割安株を探す、
将来性がある企業を選ぶといった分析が必要になりますが、
投資理論も確立できていない以上は、時間がかかる作業なので、
あまりこだわらずに選びます。ただし、流動性が高いものを
選択したいと思います。

【タイミングは考えない】
タイミングを計って売買することはできない。
将来を予測することもできないし、できたとしても続かない。
よって、累投方式により積み立てます。
(実際、累投をするわけではありませんが…)

【長期思考】
一度買いを入れたら、最低3年、できれば10年以上保有するつもりで。

【株主優待は重視しない】
あればラッキーという感覚で。あくまでおまけであって、メインではない。

【推奨銘柄は買わない】
マネー雑誌やブログネタはあくまで参考程度。決めるのは自分。

【資産比率】
日本株は全体の10~15%。海外株は全体の5%まで。

以上です。
ただし、前回も書きましたが、個別株投資自体をメインにするつもりは
ありません。メインは、あくまでインデックスファンド、或いはETFです。

次回は、いよいよ銘柄を選別していきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。