個別株投資を考える⑦

個別株式

個別株投資を考えるシリーズ、7回目です。
途中でいろいろとあり、更新が遅れてしまいました。

最近、1冊の本を読んでいます。
JCボーグルの「インデックス・ファンドの時代」という本です。

分厚い本ですが、結局のところ、いかにインデックスファンドが
優れいているかを、データや経験をもとに永遠と語っている本です。

この本を読んでいると、個別株式を買う気が失せます…(笑)
ただ、インデックスファンドには、ロマンがありません。
かといってアクティブファンドではコストが割高になってしまいます。

資産運用は、経験則を活かしリスクをコントロールし、計算高く
行なわなければならないはずですので、本来ならばロマンを
追い求めることは合理的ではありません。
ただし、すこしでも面白さがなければ、続かないのも事実です。

間違いなく良書ではありますので、教えは大事にしたい。
なので、インデックスファンド中心の運用は変更しません。
それでも少しだけ、個別株式に挑戦したいと思ってます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました