積立額の一時的減額

本日は給料日でした。

今月も積立を行いますが、夏場の株価下落時に何回か追加投資をしたため、
キャッシュが不足しており、積立額を減らし、キャッシュを確保します。
現在は株式市場も落ち着いてきており、ここでの積立額減額の影響はあまり
ないと思われるので、タイミングとしては良いかもしれません。

反面、円高傾向は継続していますので、外貨MMFについては減額せず、
積立てます。日銀介入への警戒があるので、しばらくは75円~77円で
推移するとの読みです。

年末には賞与の支給、年明けには定期が満期が控えているため、
投資方針を今一度、練り直さなければなりません。

今回の暴落相場で、非常時におけるキャッシュの重要性を再認識できました。
「投資戦略の発想法」では、2年分の生活防衛資金を準備せよと、訓示があります。
個人的にそこまでは…という思いはありますが、最低でも1年分くらいは用意する
必要があるように思いました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。