10月の資産状況

10月27日時点での資産状況をまとめました。

月に一度はモニタリングをすることによって、現在の問題点を
適格に洗い出すことが可能になります。

まずは、ポートフォリオの現状です。

新しい画像

先月に比べて、株式相場が回復傾向にある為、国内株、海外株とも
評価額が上昇しました。
外貨MMFについては、強烈な円高圧力がかかっているため損失が
出ていますが、毎月積み立てることによって、買付単価を下げることが
出来ているので、あまり気にしていません。

今後ですが、もう少し株式の比率を上げていきたいと考えています。
代わりに貴金属(金・プラチナ)は価格の上下が激しいので、
比率を抑えていきます(既に積立額を減少させてます)

また、預金(キャッシュ)が2~3%しかないのは、やっぱり少なすぎるかな…
普段の生活には支障がありませんが、例えば大けがをするとか、
大きなプレゼントをするとか、そういう突発的な出来事が発生した場合に、
いまの手持ち資金では対処ができませんので、ファンドを売却するか
定期預金を解約しなければならなくなります。

いつか必ずそういう事態に陥ることを念頭に入れて、10%ぐらいは手元に
残しておくべきなのかもしれません。

年末は定期の解約資金だけを別資産に振り分け、給与、ボーナスなどの
収入は、キャッシュ積み増しにあてたいと思います。

<今後のプラン>
・株式比率を上げる
・金、プラチナの比率を下げる
・年末にかけて、キャッシュ比率を上げていく

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。