個別株投資を考える⑧

個別株式

個別株投資を考えるシリーズ、8回目です。

今回は現時点での銘柄候補を列挙します。
以前の記述と異なる部分となってしまいますが、個別株はすべて日本株として、
外国株については、当分の間ファンドで運用することにしました。
情報の入手のしにくさ、そして日本人である限りは日本の企業を応援したいとの
思いからです。

20種購入すれば、リスクは相当抑えることができます。
ただ、恐らく資金的にすべてを購入するのは不可能ですので、今後どのようにして、
折り合いをつけていくか、検討しなければなりません。

前回から入れ替わっているものは、赤字になっています。

①ディスコ(機械)
②コマツ(機械)
③任天堂(ゲーム)
④JR東日本(陸運)
⑤島津製作所(精密機器)
⑥テルモ(精密機器)
⑦SBIホールディングス(金融)⇒三井住友銀行(金融)
⑧ニチイ学館(医療事務/介護)
⑨花王(化学)
⑩ヤマトホールディングス(陸運)
⑪パナソニック(電器)⇒ビックカメラ(小売)
⑫日本たばこ産業(たばこ)
⑬東レ(繊維)
⑭武田薬品工業(医薬品)
⑮三菱商事(商社)
⑯マニー(精密機器)
⑰ファーストリテイリング(衣料)
⑱東急電鉄(鉄道)⇒京成電鉄(鉄道)
⑲TOTO(陶器)
⑳ファナック(工業機械)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました