お金のフローチャート

昨日は給料日でした。
毎月の収入をどのように管理しているのか、フローチャートを作ってみました。

新しい画像 (1)

楽天銀行は給料振込口座に指定すると、他行振込みが月3回無料になります。
まずこのサービスで、「投資資金」「生活費」「家賃」を振り分けます。

【投資資金】
投資資金は、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金にストックされます。
スイングサービスによって、SBI証券の買付余力に反映させることができます。
ここから毎月、株、ファンド、債券、REITなどに資金を積立てます。
また、外貨MMFの積立はマネックス証券でしかできませんので、一定額を
MRFに流します。

【貯蓄】
普通預金に有る程度のお金がたまったら、定期に振り替えます。
また、毎月一定額を積立定期(りぼん)にストックしています。

【支払】
家賃は当然毎月定額なので、管理会社の口座に振り込みます。
また、クレジットの支払や公共料金の引き落としなどの為に資金をプールします。
厳密に言うと支払ではないのですが、さわかみファンドや金の購入資金なども
この時点で差し引いておきます。

【生活費】
「投資資金」を確保し、「家賃」「各種支払」を終わった余りが
「生活資金」となります。毎月一定額にはなりませんので、
この部分でやりくりする事になります。
赤字になる月はあまりありませんが、余ったら好きに使っているので逆に黒字に
なることもあまりありません。
ある程度遊びというか余裕がないと、普段の生活もツマらなくなってしまうので、
この生活費については、あまり細かく管理をしたり節約したりしていません。
お金を分けておきたい場合は、「予備口座」に移しておきます。

フローチャートを作ることで。。。

・お金の流れが明確になります
・どの部分にいくら活用されているのかわかるようになります
・更新が面倒になるので、あまり金融機関を増やしたくなくなります(笑)
  →これは結構重要。シンプルさが大切です。
        

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。