ポイントカードの功罪

財布の中に、ポイントカードを大量に入れている人がいます。
個人の価値観になるので、とやかく言うつもりはありませんが、
きちんと使いこなせているのか疑問です。
また、使いこなせていたとしても、それはポイントによって、
行動範囲を限定されていると取ることもできます。

私の場合、使用しているポイントカードは今のところ2つしか
ありません。Tポイントとヨドバシカメラのカード。

Tポイントはいろいろなお店でたまるし使えるので、汎用性が
あります。クレジットでたまったポイントもTポイントに移行して
使ってます。
また、家電量販店のカードは高還元なので使用しています。

財布を膨らませてしまうのは嫌いなので、クレジットカード、
キャッシュカード、2つのポイントカード、免許証に限定しています。

そもそもポイントカードを発行するのは当然ですが、お店側です。
発行者側にメリットがあるから、発行しているわけです。
間違っても消費者のためではありません。
消費者は得した気分になるだけで、実際は得していません。

そこを履き違えると無駄な支出が増えたり、選択肢を狭めたり、
財布を膨らませる結果になってしまうと思ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。