価値観の強要は避ける

さまざまな本やセミナーから自分なりの投資方針を固めて、
それを運用哲学に昇華することが大切だと思います。

また、どのようにお金を扱っていくか、何にお金をかけて、
何を節約していくか、優先度についても自分の考えを整理
していかなければなりません。

自分の考えが確立されていないと、第三者(国、金融機関など)に
対して自衛の手段をとることができなくなりますし、この不安定な
世の中を渡り歩くこともできなくなります。

ただ反面、頑固になってもいけません。
頭が固くなってしまうと視野が狭くなり、独善的になります。
なので他人の意見を受け入れる度量は必要です。
恋人や家族の意見も十分に尊重しなければ、
ただお金に細かい人というレッテルを貼られてしまいます。

自分の意見の確立と、他人の意見の尊重…相反する物事を
両立させるのは難しいですが、一筋縄ではいかない部分が、
逆に投資を面白くしているのだと思います。

価値観を強要、強制することは避けるべきだと思います。
たとえ、統計的に誤っている意見だとしても、
できる限り尊重する心の余裕をもてれば、
何事も円滑に運ぶのではないでしょうか。

【まとめ】
・自分の運用方針を確立する
・お金の扱い方、優先度を確立する
・他人の意見を尊重し、柔軟に対応する

コメント

  1. とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

  2. たいぽん より:

    > とても魅力的な記事でした!!
    > また遊びに来ます!!
    > ありがとうございます。。
    コメントありがとうございました。
    いろんな記事が書けるように頑張りますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。