魅力上がってませんか?

投資知識/投資方針

新聞やネットでのニュースを見て知りましたが、投資信託からの
資金流出が起きているようです。

世界的な株価の低迷で、商品としての魅力が薄れてきたことが
大きいと理由付けされていましたが、おいおいって感じですね。

この記者はなぜ割安で投信が買える状態なのに商品の魅力が
落ちていると思うんでしょうか?
私としてみれば、魅力がどんどんアップしている気がしますけど。
投資の原則は安く買って高く売る、、、これしかないはずなのに。

ネット上にも「投資信託は詐欺だ」「手数料が高すぎる」といった
怨嗟の声が渦巻いていますが、詐欺でも何でもありません。
手数料が割安な投信はいくらでもあるし、リスクを避けたければ、
通貨選択型やアクティブ運用をしなければよいだけ。
もっと言ってしまうと、買わなければいいだけです。。。

リンクさせていただいている個人ブロガーさんたちの動向を見ていると、
誰一人として投資意欲を失っていませんw
今こそ買い時!と思っている方ばかりです(笑)
自分もまったく考えは一緒、こういう記事にだまされてはいけませんね。

私は金融業界の回し者ではありませんが、選び方さえ間違わなければ、
投資信託は金融商品として優れていると思っています。

選び方もたいして難しくありません。

・なるべくノーロード
・低信託報酬
・一定以上の資産規模
・一定期間の運用実績
・インデックス(なるべく)
・投信ブロガーの評判が良いもの(金融機関の評価は無視)

この辺を中心に選んでおけば、大きな火傷はしません。

反対に選んではいけないものはこんな感じのファンドです。

・毎月分配型
・テーマ型
・手数料が高いもの
・資産規模が小さいもの
・通貨選択型
・雑誌や金融機関が勧めてくるアクティブファンド
・商品内容が理解できないファンド
・運用期間に制限があるもの
・投信ブロガーの評判が悪いもの

資産運用の本を2、3冊かじればなんとなく選び方が分かってきます。
もちろん、第三者が執筆している本というのが前提です。

今は新興国のファンドがだいぶ安くなって魅力がアップしています。
資金があればどんどん買っていきたいのになぁ…

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました