資産状況(2011年総決算)

本年最後の資産状況です。

昨日のブログでは公開が遅れるとお断りを入れましたが、
再度確認したところ買付については終了していましたので、
公開が可能となりました。

まずは12月30日時点のポートフォリオです。

新しい画像

株式にキャッシュを追加投入したものの、株安の影響で比率は
若干増に留まっています。
現時点での株式比率は25%。ようやく4分の1に届きました。
また、海外資産比率は20%台後半。こちらも若干増です。
来年早々、定期が満期を迎えるので一部を投資にまわします。
定期の比率は30%もあれば十分だと思ってます。
引き続き、株式資産と海外資産の充実に努めます。

金とプラチナはここのところの下落で、比率が低下。
REITとあわせた割合は10%弱となっており、理想的な配分です。
欲を言えば、金とプラチナの比率を逆転させたいのですが、
プラチナの売り時を失ってしまいました。しばらくは様子見です。

次にブログ開始当初からの資産の成長具合です。
(具体的な数値は伏せています。。ごめんなさい)

新しい画像 (1)

ブログを立ち上げてようやく半年を経過しましたが、立ち上げ当初の
夏場は急激な円高と世界同時株安があり、資産が伸びませんでした。
反面、ゴールドが高騰しましたので、調整もかねて半分を売却しました。

もちろん月々の収入から積立を行っているので一概には言えませんが、
大きな減少とならずに何とか踏みとどまったという感想です。
この逆風の中でも分散投資の効果が発揮され、粘り強く持ちこたえました。

東電株やオリンパス株を持っていて泣いた人、外貨預金が円高で痛めつけら
れている人、中国の不動産バブルでやられた人…など、それと夏場には
和牛オーナー制度の投資ファンドで破綻の憂き目にあった人など…
すべては分散投資で防げる被害です(少なくとも被害を最小化できます)。

分散投資、積立投資、インデックス投資をコツコツと繰り返すことが、
結局は遠いようで近道です。つまんない分、気は楽です。

最後は、半年間の資産比率の推移です。

新しい画像 (2)

少しずつ株式の比率を上げてきています。
外貨MMFは一定比率を維持するよう調整しています。

になかなか安定しないのがキャッシュ(現金)ですね。
11月なんて貯金が限りなく0円ですし(笑)
理想比率は10%なんで今の状態で推移させればいいんでしょうが、
コントロールするのがホント難しいです。

<来年に向けて>
上のグラフを見れば分かるのですが、調査日に明確なルールがない状態です。
これでは、正確な資産の増減ペースを図ることができません。
その部分を反省し、来年は調査日や調査対象などに一定のルールを定めて、
精度の向上を目指します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。