悲観相場はワクワク相場♪

投資知識/投資方針

ある新聞を見てたら、経済ジャーナリストの荻原博子さんの記事が
載っていて、今年の資産運用についてアドバイスをしていました。

抜粋すると、

今年は経済の不透明感が強まり投資環境が改善しない。
株や債券などには一切投資せず少しでも現金を増やすこと。
デフレであれば、例えば100万円のものが次の年には95万円になる。
金利5%と同じ効果が期待できます

。。。とのことです。

うーん、経済ジャーナリストというより、節約アドバイザーなんじゃ。。。
今年投資せずして、いつ投資できるんだよ~と思っちゃいますけど。
短期投資ではないので、基準価格よりも得られる口数が大事です。
今の状態での損得はあまり重要ではないので。
ましてや、買うタイミングなんて考えなくてもいいと思う。
そのための積立投資であり、ドルコスト法なので。

それとデフレの例が凄いですね。5%って。。。
分かりやすいような数字で表現しているんでしょうが…

総務省の統計で確認してみましたが、桁がひとつ違う感じですよ。
そんなハイパーデフレが進んでるなら、確かに定期預金で決まりでしょう。

周りのアドバイスに耳を傾けることは重要ですが、取捨選択するのは自分。
今年も厳しい年になると思いますが、市場からは撤退しません。
相場が悲観的になればなるほど、ワクワクドキドキするくらいでないと
長期投資なんてできません ( ´∀`)つ

さわかみファンドを見習って、応援買いの境地でがんばります!!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました