違和感のある報道

中国経済が減速傾向にあるという記事が飛び交っています。
2年ぶりに成長率が1桁台になったとか。

それでも9.2%ですよ。。。日本とは雲泥の差です。
(当局の発表している数値が正しいとすればですが)

すごい報道に違和感があるんですよね。
例えば500兆円のGDPの場合、成長率10%で550兆になります。
50兆円の増加です。

次の年、9.2%の成長の場合、550×109.2=606兆円になるので、
56兆円の増加です。

元のGDPが増えているので経済成長率が落ち込んだとしても、
増加幅までが減少するとは限らないんじゃないの?

こんなの理屈小学生でも分かると思うんですが。
自分がなにか勘違いしてるだけなんでしょうか。。。

今後、成長率が7~8%に落ち着いていったとしても、
結局10年で経済規模は倍になるわけなので、
遅くても2020年代には米国を抜くと思います。

どうも一方的な角度からの報道ばかりが多いように感じました。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。