2度目のプラス圏浮上

ブログをはじめて以来、保有しているファンド群が2度目の
プラス圏に浮上してきました。

昨年の10月ごろに1度プラス圏に浮上したあとは、
再び低空飛行を続けてきましたが、積立投資を継続しているので、
丁寧に下値を拾っていることになりますから、取得単価を少しずつ
下げることができていました。

加えて、このところのアメリカ株価の上昇を中心とする株価回復で、
一気にマイナスを解消した状況です。

新しい画像 (8)

国内REITのマイナス幅が大きいですが、投資額は小さいのでダメージは
限られています。ダウをリバランスする手もあるんでしょうが、まだまだ
資産規模が小さいことを考えると、売却コストには見合いませんので、
しばらくは放置、海外投資比率が高くなること自体には歓迎ですし。

投資を始めてすぐのころは、基準価格の上下に一喜一憂していましたが、
そういうこともなくなりました。今回プラス圏に浮上したことについても、
もう少しおとなしくしておいてくれたらなぁ…という思いがありました。
今後数年間は徹底的に種を撒いて(下値で口数を稼ぐ)、10数年先に
一気に実りを享受できればと思ってましたので、今、プラス圏を回復する
ことについての重要性は高くないです。

素直に喜べれば良いのですが、なかなかそうもいかないのが、
資産運用の面白さですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。