インフレを知らない世代

自分は現在30歳、つまりこの世に生を受けてから30年ですが、
物価が上昇していくという体験をしたことがありません。
インフレ喪失の初期世代と考えられます。

下記のサイトに、過去60年間の消費者物価指数の推移が
載っていましので、紹介します。
http://livedoor.blogcms.jp/member/

新しい画像 (9)

生まれが1981年ですが、物心がついたという時期の定義を、お小遣いを
もらってお金を使いだしたときと考えると、例えばそれを10歳とします。
10歳のころは1991年ですが、このころは既にバブルも崩壊していました。
上のグラフで見ると分かりますが、1991年からは物価の上昇がかなり
限定的で、それどころか90年代後半からはデフレに陥っています。
なのでデータで見る限り、概ね30歳以下の方はインフレを経験していません。

確かに物の値段が年々上がっていくといった印象は感じたことがないですね。
駄菓子とか、ジュースとか、雑誌なんかは昔より価格が上がった気がしますが、
家電や洋服、日用品なんかは逆に価格破壊がおきてますし。
トータルで見ると、あまり変わっていないという気がします。

何が言いたいのかというと、良いか悪いかは別としても、インフレを経験して
いないということは、インフレの怖さを知らないということです。
もちろん、本で学んだ知識はあります。資産運用においてインフレ対策は
必須ですし、これからインフレが発生する可能性はかなり高いと思ってます。
ただ、実体験で経験したことがない、肌で感じたことがないというのは、
消すことができない不安要素かと思ってます。

インフレを知らない世代として、どのような資産運用が最適なのか、
今後も模索していきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。