Fund of the Year 2011

旅行/趣味/体験

投信ブロガーが選ぶ「Fund of the Year 2011」
http://www.fundoftheyear.jp/2011/

毎年、参考にさせてもらってます。
2012年度版は、自分も投票してみようかな。。。

一般投資家の目線で選択されているので、金融機関の宣伝や、
恣意的な情報操作を心配する必要はありません。
本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、
それを広めていこうとする姿勢には共感できます。

以下、発表された順位です。

1位:CMAM外国株式インデックスe
2位:結い2011
3位:eMAXIS新興国株式インデックス
4位:ひふみ投信
5位:ニッセイ日経インデックスF
6位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
7位:バンガード・エマージング・マーケットETF
8位:セゾン・バンガード・グローバルバランスF
9位:STAMグローバル株式インデックス・オープン
10位:eMAXIS全世界株式インデックス

結局、インデックスファンドと、直販ファンドしかランクインしていません。
長期・積立・分散で投資が可能なインデックスファンドを主軸としながらも、
理念に共鳴できた直販ファンドにも投資を試みる。。。という構図です。

全体的に手数料が低めのものが上位に来てるのも納得です。

自分の場合は3位と5位のファンドを保有していますが、
他のファンドも同じような性質のもので固めてます。

で、面白いのが「モーニングスター」で発表されていた、
本家の「Fund of the Year 2011」 
http://www.morningstar.co.jp/event/foy2011/

いろいろな部門に分かれて28の優秀ファンドが選出されていますが、
なんとこの中には、投信ブロガーの10ファンドは1つも見当たりません。

選考方法はいろいろと違うんでしょうが、投信ブロガーの感じている認識と
まったく異なっているのが笑えますね。。。それはだれにとって優秀なファンド
なんですか?と突っ込みを入れずにはいられません。

Fund of the Yearは、売り手から発信される情報をうのみにすることが
如何に危険かということを、再認識できる良い比較対象だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました