資産情報の公開ポリシー

私と同じように、中長期の投資をテーマとした資産運用のブログを書いて
いる方の中には、自らの資産額、運用額を公開している人もいます。
記事の透明性や、説得力を持たせる意味においても、それは有益なこと
かも知れません。確かにそのようなサイトのほうが、参考になりますし。

ただ、個人的にはそこまでオープンにする勇気はないです(^^;
当ブログでは、「積立額」や「資産比率」などについては公開していますが、
「資産規模」や「収入額」などの生々しいデータについては、基本的には
非公開の方針で運営させていただくつもりです。
なので、可能な限りは公開していくという方針でいきます。

ただ、基本的には平均的な30歳と思ってもらえればと。。。
中小企業のサラリーマンですので、収入は平均並みか低いほうだと思います。
それに20代の中盤まで全く貯金はありませんでしたし、今でもようやく人並みに
なったと思っている程度です。投資暦も5年そこそこなので素人ではないものの、
ベテランではありませんし、その間にリーマンショックで大火傷を経験しています。
間違っても同世代の方に胸をはって、資産運用の講釈を語れる立場には
ありませんし、そのような実績もありません。

もし自分をほめれるとしたら、資産を運用するという重要性に20代のうちに
気づいたということ。さまざまなリスクに若いうちに気づくことができました。

・リスクをとらないリスク
・知らないリスク
・機会を損失するリスク

これらのリスクは学校では教えてくれません。気づくか気づかないかが焦点。
金融機関に勤めている、経済学部で経済を学んだ、お金持ちになりたくて
投資の本を読んでみた…きっかけは何でもいいのですが、気づかなければ、
誰も教えてくれません(特に金融機関は絶対に教えない)。

私の場合は、20代で気づいて、20代のうちに失敗を経験しました。

・資産運用の大切さ
・お金の大事さとくだらなさ
・売り手と買い手の立場の違い
・インフレの怖さ
・ケチと倹約の違い

例えば、誰かに説明しろといわれたら、自分なりの言葉で説明できると思います。
それが正しいかどうかは別にして、自分なりの考え方が固まってきた、ほどよく
醸成されてきたということを意味します。

まだまだ失敗は繰り返すと思いますが、とりあえず致命的な失敗だけは回避する
すべを学べたと思っています。ですので、資産運用を始めたころに比べれば、
将来に対しての展望が描けるようになって来ました。

残念ながら資産額の公開までにはいたりませんが、他のデータについては、
極力公開していくことで、ブログの信頼向上に努めていこうと思います。

今後とも、よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。