上昇局面に対する警戒

投資知識/投資方針

下図はブログ開始当初からの資産総額(具体的な数字は伏せてます)の
推移ですが、リスク資産の評価額は既に過半を占めてきています。
戦略的にリスク資産を6割にしたいので、これについては目標に近づいて
いることになります。

新しい画像 (39)

ただ、現在のところ、株式、債券、ゴールド、プラチナ、外貨MMF、
そしてREITと、保有資産のすべての基準価格が上昇しています。

運用成績的には絶好調ですが、果たして喜ぶべきことでしょうか?

この「すべての基準価格が上昇」というところが実はリスクで、分散投資
効果が十分に働いていないのではないのか?という疑念を感じるように
なってきました。
上がるものもあれば下がるものもある…それが分からないから分散して
いるのであって、すべての資産が同じ方向に向いている今の状態は、
リスクコントロールの観点から見ると、少々問題があるように思えます。

リスクのコントロールをするために、できることを実行していこうと思います。

①積立額を変更する(継続するものの減速させる)
②一定の現金を確保する(暴落時、調整時の応援買いの為)
③評価額の上昇に慢心することなく、生活費の節約に努める

個人的な感想ですが、下落局面より上昇局面のほうが舵取りが難しいです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました