寒いときに種を撒く

相場の調整局面が続いています。ただ、まったく焦る必要はありません。
むしろ資産形成期にある20、30代にとっては、望ましい局面ともいえます。

よく言われることですが、下落相場こそ、「ドルコスト法」「積立投資」
「インデックス投資」の真価が発揮されるときです。
初めの基準価格を回復できなかったとしても、下落局面で丁寧に買って
いけば、最終的に利益は出ます。下の表の場合は、10000円の基準価
格が、5500円までしか戻らなくても、利益が出ることを示しています。
(※ファンドにかかる手数料は加味していません)

新しい画像 (13)

下落局面は、口数を稼げるチャンスです(・∀・)

将来、果実を得るためには、寒い時期に種を撒き続けなければなりません。
別にすぐ現金化する必要も無い資産なので、下落局面は大歓迎。
もう少し寒くなったら、肥料(追加投資としての応援買い)をまくぞ~

ずっと暑い季節が続くと、それこそヘタってしまいますしね。

気長に成長を見守ります ( ̄∇ ̄)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。