夏まではハイブリッド運用

メインバンクの1つである住信SBIネット銀行にて、円定期預金の特別
金利キャンペーンを行っていますが、冬のボーナスキャンペーンのとき
に比べて、条件が悪化しているようです。

以前のキャンペーンの際は、1年ものが0.35%、3ヶ月では0.45%でした。
今回は、拘束期間が長くなっている上に金利が低下しており、流動性と
収益性、いずれの方面でも劣ります。
それでも個人向け国債の3年ものよりはマシですが。。。

新しい画像 (16)

現在、定期預金は1年物と3ヶ月ものにミックスして預け入れていますが、
今後、3ヶ月ものが満期を迎える時期がきます。普通預金とほぼ同じ用
途で使えるハイブリッド預金は現時点で0.12%なので、いまはそちらに
キャッシュを積み上げていますが、あくまで1時的な避難場所の扱い。
今後の方針としては、夏のボーナスキャンペーンを確認したうえで、
そのままハイブリッドで行くか、定期預金に預け入れるかを検討すること
とし、今回のキャンペーン金利は見送ります。金利もそうですが、資金の
流動性が低くなってしまうのは、投資絶好機(暴落時)の弾切れを起こす
原因にもなるので
、避けたいところですね。。。

本当は、地方銀行や他のネット銀行を隈なく探せば、さらに短期で高金
利な定期預金があるのかもしれません。実際、ネット上で簡単に検索で
きると思います。ただ、口座開設やら口座管理をする手間を考えると、
無視してもいいような金利差だと思います。住信SBIネット銀行もそれほ
ど悪条件では無いはずですし、まだまだ元本も大きくありませんので。

流動性を一切失わずに、0.12%で運用。それでも、大手の定期預金に
比べれば金利がいいので、今はこれで満足することにします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。