積立リバランスの限界

現状のアセットアロケーションが理想とする比率と乖離している場合、
修正する方法は大きく分けると2つあるかと思います。

①比率の高い資産を売り、比率の低い資産を買い増す
②比率の高い資産への投資を抑え、低い資産を買い増す

①は純粋なリバランス、②は積立リバランスという位置づけです。
純粋なリバランスの場合、なんと言ってもメリットは一気に理想の
ポートフォリオに近づけることです。反面、「売り」という行為が発
生するので、一時的に信託財産留保額という費用がかかります。
また、ファンドによっては新たに買い付ける際の費用も発生します。

それに対して積立リバランスであれば、売却コストがかからない為、
コスト的には有利です。ですので私の場合は、積立額の増減によっ
てリバランスを実施し、ポートフォリオをコントロールしてきました。

一般論になりますが、元本(投下資金)が増えるに従い、積立リバ
ランスでコントロールできる比率は、小さくなります。元本が10万円
であれば、1万円の追加投資が大きな意味を持ちますが、元本が
100万円であれば、影響力が小さくなります。それ以上に元本が増
えると、比率として1%を切ってくるので、見方によっては誤差という
程度の影響力(つまり影響力がほとんどない)になってしまいます。

この比率を維持するには、リバランス対象とするターゲット資産への
投下資金を増額させるしかありませんが、かなり厳しい。
海外株式の比率を5%上げようと思ったとしても、それこそ数十万
単位の一括増額が必要となります。それってもう積立投資ではなく、
一括投資になりますよね…ですので自己矛盾に陥ります。

前述のコストの問題もありますが、「資産運法規則」で定めていると
おり、長期投資という目線と、バイ&ホールド戦略を基本としている
ので、売りという行為については、なるだけ取りたくありません。売り
たくないけど、売りを伴うリバランスを実行しないと、理想のアセット
アロケーションに近づけない…或いは近づくまでに相当の時間を要
する…そんな状況です。加えて、リスク資産の基準価格は日々変動
しているので、このことも積立リバランスだけでのコントロールを困難
にさせます。

市場の先行きを予測することは不可能なので、予測できないものとし
て考えることが有効であると思いますが、結局、アセットアロケーション
についても完全にはコントロールができないものと認識するほうが良さ
そうです。それにそもそも、目標としているポートフォリオが最適なもの
なのかどうかもわかりません。そんな曖昧なものに対して、固執する
必要はあるのか…といわれればNOだと思います。緩やかに方向性だ
けを定めて、その舵取りだけを誤らないようにすれば、良いと思います。

・ある程度の方向性を決めて、それに向かって積立額を修正していく
・目標を達成することや、達成する時期に固執しない
・大事なのは目標の達成ではなく、針路を見誤らないこと

いろいろ書いていますが、なんか言い訳みたいになってしまいました。
こういったことを悩みながら投資をしていくのは、楽しいです(・∀・)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。