外貨MMFの再投資履歴

資産運用における外債運用の軸として、外貨MMFでの運用を行って
います。現在のところ、基軸通貨のドルとユーロ、そして資源国通貨
及び高金利という理由で豪ドルに投資しています。

外貨MMFの良いところは、利息が1日単位で計算され毎月自動的に
再投資される仕組みにあります。短期間で利払いが確定しますので、
下記の表のように、利息が利息を生むという「複利効果」を期待でき
ます。定期預金のように満期がありませんので、利息を取り逃すリス
クがありません。

▼再投資買付の履歴
新しい画像 (30)

また、外貨預金に比べて為替差益に税金がかからない、為替手数料
が低いというメリットもあります。あくまで投資信託の一種ですので、
運用会社が破綻した場合でも信託資金は保全されるという特徴も見
逃せません。対して外貨預金は預金保護の対象ではないので、注意
が必要です。

投資信託ですが、通貨建てベースの元本割れはほぼ発生しませんの
で、為替リスクを受け入れることができれば、有効な投資商品であると
思っています。今後は資産に対するは株式の比率を増やしていきたい
と思っているので、徐々に買い付け額を減らしていくつもりですが、外
債投資の軸として、引き続き活躍してもらうことに変わりはありません。

銀行窓口では必死になって外貨預金のキャンペーンを展開しています
が手数料が高すぎます。利便性やコストなどを総合的に比較すると、
外貨MMFのほうが商品性が優れていると断定できます。

コメント

  1. なおやん より:

    はじめまして、なおやんと申します。
    早速ですが、ブログを拝見しました。
    とても素晴らしく、良いブログです。
    これからも良いブログをよろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。