意外と便利な都営バス

東京圏に住んでいると、一般的な交通手段はなんと言っても電車
になります。路線図を見ると、JR、私鉄、地下鉄と網の目のように
路線が張り巡らさせています。ただ、出発地と到着地をそれぞれ都
区内と仮定すれば、ある程度の場所であれば電車でいけるものの、
場所によっては乗換えが必要になることもしばしば。

例えば次のようなケース。。。

池袋から浅草        山手線&銀座線
秋葉原から葛西      日比谷線&東西線
上野から錦糸町    山手線&総武線
浜松町から台場  山手線&ゆりかもめ
赤羽から高円寺    埼京線&中央線
豊洲から押上     有楽町線&大江戸線&半蔵門線

こういうときに、ある程度のバス路線を頭に入れておくと便利です。
電車ではいずれのパターンも乗換えが必要ですが、実は都営バス
を使うと乗り換えなし
で目的地に行けます(2012/6/2現在)

地下に潜ることも無いので景色を楽しめますし、携帯の電波が途切
れることもありません。電車より速達性で劣りますが、自分の場合は
本でも読みながらマッタリと移動しています。駅内での面倒な乗換えや、
やたらと長い階段やエスカレータなどをカットできる場合もあります。

また、始発駅から乗れば、バスが遅れて到着することもほぼありません。
電車と違って数年に1度のペースで路線改正をするのがデメリットですが、
そこさえ把握できれば結構お勧めできる移動法かと思います。

都バスより、お勧めの路線が掲載されていましたので、紹介します。
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/areamap/

基本は電車で移動し、応用術として補完的にバス移動を組み込んでみて
はいかがでしょうか?きっと、移動の自由度が広がると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。