リバランスを実施(追加投資)

投資報告/積立報告

下記の色付きファンドを追加投資しました。

日本株式
・ニッセイ日経225インデックスファンド   24000円
・三井住友T日本株インデックスファンド 12000円

外国株式
・ピクテ・インデックス ブラジル株       10000円
・アジア新興国株式インデックスファンド 10000円 
・eMAXIS新興国株式インデックス    20000円

新しい画像 (39)

追加投資ファンドの選考基準はこんな感じです。

基本原則(評価損が発生しているファンド)
目的はリバランスなのである意味当然の選択です。利益が出ているファンド、
損失率が低いファンド、損失率が高くても損失額が少ないファンドは対象から
外します。

インデックスファンドであること
インデックスファンドと違って自立反発が期待できないので、アクティブファンド
についてはリバランスの対象から外します。

買いたいアセットであること
目標としているアセット比率に近づけられるよう、購入すべきと考えます。
私の場合は、株式、とくに外国株式となります。

市場環境
あまり市場環境を(中途半端な知識で)分析しすぎるのもどうかと思いますが、
さまざまな指数の動きを見ていると、今が買い時なような気がしています。
   ・TOPIXがリーマンショック時を下回る29年ぶりの低水準 
   ・日経平均が9週連続で下落
   ・アメリカ雇用統計が市場予測より大幅悪化
   ・歴史的な円高、ドル安、ユーロ安
   ・中国、ブラジルなど新興国経済の減速が顕著化

今回の投資はあくまで追加投資であり、月々の積立投資についても継続して
いきます。残業代が入ったことで、リバランスの好機であると判断しました。
もう少し投資できる余裕はあるのですが、1度に資金を投下すると時期の分
散が図れませんので、次の積立時期までは様子見を決め込むことにします。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました