読書記録(だまされたくない人の資産運用術)

読書記録です。

ダマされたくない人の資産運用術 (青春新書インテリジェンスシリーズ)

新しい画像 (42)資産運用の正しいやり方を説いています。具体
的な事例として、アメリカの大学(エール大学)の
資産運用術を紹介しています。
基本的にはインデックスファンドを中心に長期投
資、分散投資で資産を醸成していくべきという主
張ですが、アクティブファンドを排除するのではな
く、市場効率性が低い地域(エマージング)につい
ては、上手に活用していくことを勧めています。
200ページほどの新書ですが、内容については
充実しており、良書だと思います。

本書の主張はP196にまとめられています。

①マーケットの将来は予想できないので、分散ポートフォリオで運用すること。
②分散ポートフォリオで運用すれば、ポートフォリオ全体の動きは小さくなる。
③ポートフォリオ全体の動きが小さいのであれば、どこで買ってどこで売るか
  は重要ではなくなる
④どこで買ってどこで売るかが重要でないのであれば、予測を必要としない
  資産運用の世界を実現できる

マーケットは予測できないので、資産を分散し、市場を揺るがす大事件が起
きても雑音として無視する。一度運用を開始したらマーケットに勝とうと意気
込まず、全てを受け入れてしまう「悟りの運用」を目指すべきである。

また本書では、長期投資=長期放置ではないので、リバランスの重要性に
ついても書かれています。悟りの運用といっても、管理が必要なことは言う
までもありません。

コメント

  1. 分散投資の王道のような主張でこれを見ただけでも、良書だなと感じます。
    最近、本屋に行っても、日経新聞を読んでも、分散投資を勧める主張が増えてきているように感じます。

  2. water boy より:

    初めましてwater boyと申します。
    最近では市場動向もあまり気にならなくなってきましたが、「悟り」とまで言われちゃうと自信がないですね(笑)
    本の内容は良さそうですね!

  3. taipon より:

    >キムさん
    いつもありがとうございます。
    分散投資は王道ですが、なかなか難しいですよね。
    あっ、それとジャイアンツ優勝おめでとうございました。

  4. taipon より:

    >water boyさん
    はじめまして。じぶんもまだまだ悟りを開くまでには至ってません。
    慣れてはきていますが、なかなか(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。