資産状況(2012年7月度)

恒例の資産状況報告に行く前に、「生活防衛資金」について書いておきます。
この場合の生活防衛資金とは多くの投資サイトでも取り上げられている通り、
日常生活に支障をきたす万一の事態が発生した場合に、生活水準を維持し、
一定期間の心の平穏を保つ為に必要な資金
のことを言います。
万一の事態とは、減給、失業、病気…のほか、大規模災害なども含まれます。

必要な額については、生活費の1ヶ月~3年以上という範囲でいろいろと意見
があるようですが、結局は個人の感性やリスク許容度の問題でしょう。
あまりに生活防衛資金だけを大きくしてしまうと単なる塩漬けと変わらなくなり、
見方によっては機会損失にも繋がりかねません。

自分の場合は今まで生活防衛資金という概念は理解していましたが、具体的
な位置づけについては不明瞭のままであったところがあります。今後の目標に
なりますが、まずは生活費の半年分を生活防衛資金として確保する事にします。
生活費については少し余裕を持って月20万円としてみようかと考えています。
最終的な目標として2年分の確保を目指します。ただ、この変の目標は、あとで
修正するかもしれません。

月20万円とすると半年分は120万円になりますが、いきなりこの金額を現状の
ポートフォリオから分離させてしまうと目標との乖離率が大きくなってしまうので、
ドルコスト法ではないですが、生活防衛資金についても少しずつ積立てながら
確保していくことにします。具体的には毎月10万円ずつポートフォリオから分離
させ、今後1年間で120万円を確保する形を取ります。

【長期目標】 生活費2年分の生活防衛資金を確保
【中期目標】 生活費半年分の生活防衛資金を確保
【短期目標】 毎月10万円ずつを現状資産より積み立て

生活防衛資金の運用方法ですが、とりあえずは楽天銀行の「マネーブリッジ」に
て運用するつもりです。

新しい画像 (53)

主な理由です。今月からコツコツ10万円ずつ設定していきます。
順調であれば、来年の6月に目標達成となります。

・新たに口座開設をする必要がない(既に給与振込口座として利用)
・管理が楽チン(積立てるというより、10万円ずつ残していくだけ)
・ある程度金利が良い(SBIハイブリッド預金と同程度)
・残高を増やしていくことにより手数料優遇の余地が拡大していく

…ということで生活防衛資金については以上。前置きが長くなりましたが、
7月度の資産状況については下記の通りとなりました。


提供:わたしのインデックス

上記での説明の通り生活防衛資金を、上の円グラフからは除外しています。
トピックとしては、ユーロ安が進行した為、先進国債券(ほとんど外貨MMF)
の比率が低下したこと。他に金も続落が続いた影響で、比率を落としてます。
株式の比率については特に変わらず。継続的に積立ては行っていますが、
市場の回復が遅いためか、なかなか比率が上がっていきません。
また、今月は賞与が支給されましたので、現金の割合が若干上がっています。
全体的な変動は少なく、ここ数ヶ月はポートフォリオの安定傾向が鮮明になっ
てきました。

因みに生活防衛資金以外の現金については、保有資産の10%程度でも充分
なので、しばらくしたらリスク資産へ振り向け(追加投資)ることにします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。