合理化追求の罠

普段、街中で買い物をするときに「いいものを安く買いたい」という
自然な欲求があるかと思います。
同じ商品のものが他店でセールなどで値段落ちしているのを見ると、
悔しく感じてしまうやつです。

合理的に買い物をしたいと考えると、例えばセールが始まるのを待っ
たり、価格.comで最安店を探したり、オークションに手を出してみたり、
無料で手に入る方法は無いのかと考えてみたり…と、いろいろと迷う
ことになります。合理的に消費しようとしているつもりでも、それを手に
入れるまでの時間を無駄遣いするだけで、労多く実が少ない結果に
なりがちです。

こういった場合は、金融商品と一緒で「底値で買うのを諦める」という
考え方が重要かもしれません。

”そこそこ”いいと思われるものを”そこそこ”の値段で買う…

実践するのは難しいのですが、そういう考えを持って買い物に望むと、
気が楽になりますのでお勧めです。

僅かなお金のために、時間を消費するのは避けなければなりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。