再就職手当と就業手当

税金/年金/保険

雇用保険の基礎知識として、確認しておかなければならないのが
再就職した場合の手当てについてです。

失業給付を満額受給することも選択肢になりますが、ブランクが
長くなってしまうと就業機会を失うことにもなりますので、手当付き
で早めに再就職することを考えたほうが妥当なのかもしれません。

この再就職の際の手当には「再就職手当」「就業手当」があ
るらしく、2つをあわせて「就業促進手当」というらしいです。
どちらの手当も、給付日数がある程度残っている段階で早めに就
職すると就職手当としていくらか受給できる
制度です。意味合いと
しては失業給付が満額受給できないかわりに、お祝金という形で
補填するということでしょうか。

どちらの手当も計算式は所定給付日数の支給残日数×30%×基本
手当日額となります。ただし基本手当にはそれぞれ上限があります。
また、残りの給付日数が全支給期間の3分の1以上かつ45日以上
なければ支給されません。

再就職手当は、基本手当の受給資格がある人が安定した職業に
就いた場合に適用、一方就業手当は、基本手当の受給資格があ
る人が再就職手当の支給対象とならない常用雇用等以外の形態
で就業した場合に適用となります。正社員なのかそうでないのか、
雇用保険の被保険者となるのか、ならない(扶養に入る、社会保
険の加入要件を満たさない)のかによって、どちらに適用されるの
かが決まります。なお再就職手当のほうが支給金額は高くなります。
これからの国への貢献度(保険を払ってくれるかどうか)を考えれば、
当然の区別ということでしょうか。

文章が間延びしてしまったので、まとめます。

就業促進手当
給付日数がある程度残っている段階で早めに就職することで支給
される手当。条件によって、再就職手当と就業手当に分けられる。

再就職手当】
・基本手当の受給資格がある人が安定した職業に就いた場合に適用
・残りの給付日数が全支給期間の3分の1以上かつ45日以上
・支給額は所定給付日数の支給残日数×30%×基本手当日額
・就業手当よりも支給額が多い

就業手当】
・再就職手当の支給対象とならない形態で就業した場合に適用
・残りの給付日数が全支給期間の3分の1以上かつ45日以上
・支給額は所定給付日数の支給残日数×30%×基本手当日額
・再就職手当よりも支給額が少ない

上記の手当は基本手当を最後まできっちり受給した場合に比べ、目減
りすることが確実です。
但し繰り返しになりますが、基本手当の支給が
終わるのを待っていては就職機会を逃してしまう可能性がありますので、
トータルでどちらが得なのかは判断できません。

雇用保険というとどうしても失業給付や受給期間ばかりに目が行ってし
まいますが、再就職の際の手当についても確認しておくべきです。
とにかく、制度について確認することや考えることを面倒に思っていると、
なにかと損をする事が多い世の中ですし、それで損をしても自己責任。
基本的な部分だけでもいいので、他人任せでは無く自分で調べましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました