黒物家電の値下げ交渉

引越しを契機に、珍しく大きな買い物をしました。

ソニーの液晶テレビ(55型)。大画面ですし、(無駄に?)3Dに対応
したテレビです。

黒物家電ですので、当然の如く交渉(値下げのお願い)をしました。
交渉の際のポイントは下記の通りです。

交渉段階①(交渉前の準備)

他店価格を掲示する
特に激戦区の店舗価格は必須です。
ネット価格では相手にしてもらえませんので、それは参考程度に。

権限のあるスタッフを探す
メーカーの応援スタッフや、アルバイト的な人には価格交渉権が
ありません。あくまで家電量販店の正社員、できれば偉そうな人
を狙います。

時間帯
店舗が空いていて、かつノルマの達成に追われていると思われる
時間帯が狙い目です。具体的には日曜日の夕方や、その会社の
決算月などが該当します。

まとめ買い
まとめて買える者についてはまとめて買う。今回の場合はシアター
ラックとしてのテレビ台、ブルーレイレコーダー、そして録画再生な
どに必要なケーブル類などが該当しました。

現金主義
クレジットではなく、「現金」で「その場」で買う用意があることを示します。

交渉段階②(本格的な値下げ交渉)

値下げをお願いするとき
「値下げして」とそのまま言ってしまっては、直接的過ぎます。
「価格をいじれますか?」「もう少し頑張れますか?」などと言います。

躊躇する
「他のお店をもう一回見てみます」
「他のお店からもう一度来るようにお願いされています」
このへんの言葉を言うと、間違いなく頑張ってくれます。

店員の抵抗
これ以上下げられないと言われたら…「ポイント還元率」や「保障期間」
で調整が可能か、「配送料」を込みでできないか、付属品などの「おま
け」が着けられないかどうかをお願いしてみます。

端数
余計な端数の切捨てをお願いします。

最後の一言
「池袋価格」でお願いします!

以下、購入結果です。

<購入品>
テレビ:SONY BRAVIA KDL-55HX850 (55型3D対応)
録画機:SONY  BDZ-AT350S
テレビ台:東芝 THY-F1200(サラウンドホームシアター)

<おまけ>
テレビ接続ケーブル、HDMIケーブル×2、分波器、室内用スリッパ、
フェイスタオル、ポケットティッシュ

<金額>
200000円(税込み) 

この他、ポイントを7000ポイント付与してもらいましたので、実質
価格は193000円です。付与されたポイントについては即座に次
の商品の購入に当てるようにしました。まとめ買いではありますが、
会計はあくまで「バラ」で行うのがミソです。
保障期間は5年ですし、配送量も無料。最終的には20万を超える
金額だったのですが、端数を切り捨ててもらいました。

因みに店頭価格ですが、テレビだけで238000円と表示されていま
した。いかに交渉次第で下がるのかが分かるかと思います。
また、店員さんも言っていましたが、今は値下げ交渉をしてこない
お客さんのほうが珍しいといっていました。

<備考>
最後は店員さんと握手して帰りました。(*・ω・)ノ
今回はかなり頑張ってもらったと思います。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。