いよいよ個別株に投資?

だいぶ前になりますが、国内株の個別株投資を検討していると書きました。

個別株投資を考える⑧

この記事では、今後検討に値する銘柄を20に絞って焦点を当てています。

着眼点はいろいろあるのですが、主に以下の点を注視しながら、購入を
検討してきました。

①分散投資を徹底する(業種・市場は分ける)
②長期投資を前提とする(少なくとも2020年までは保有)
③業界内のシェアが高い
④海外売上比率が高い
⑤あくまでも投資のメインはインデックスファンドとする
  (個別株やアクティブファンドの比率は3割以下)

⑤の条件については資産運用規則の第2条でも次のように定めています。
・インデックスファンドの占める割合は、全リスク資産の7割以上とする

買うタイミングについては、あまり気にしないようにします。
気にしだしてしまうと切がないですし、それでは俗に言う「ほったらかし投資」
にはなりません。投資は生活の中心ではなく、脇役であるべきなのです。
せいぜい過去数年のチャートを見て、今が割安なんじゃないかな?と思う
ことぐらいでしょうか。そもそも前述のように資産全体に占める割合を低く抑
える方針なので、価格が上下してもそれほどインパクトを与えません。

検討の結果、以下の銘柄の買い注文を出しました。

・コマツ(6301) 100株 1550円での指値注文

建設機械で世界2位。中国などアジアで首位。IT活用を強力に推進している
企業です。業績はそれほど悪くはないようですが、やはり中国の景気減速や
対日感情の悪化が足を引っ張っており、株価の下落が続いています。
昨日、年初来安値を更新しましたので、悪いタイミングではないでしょう。

手数料負けをしたくないので、戦略としては中長期でのバイアンドホールド。
最低でも2020年までは保有することとします。買い増すことはあっても、
売却することはありません。万が一売却することがあるとすれば、それは
値下がり時ではなく、業績に見合わない株価上昇(バブル)が確認できたと
きでしょう。。。

この「コマツ」を皮切りにして、資金に余裕がある際にまずは5~10銘柄を
買い付けて、自分ファンドとして管理できればと思います。それこそ2年ぐら
いの計画でマッタリと計画を進めます。

最後になりますが、当ブログはインデックスファンドを活用した資産形成ブロ
グです。この方針は今後も変わりません。今回のタイミングで指値買付がで
きなかった場合は、またしばらく放置すると思います。

さてさて約定できるでしょうか…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。