【記念特集④】バランスシートの作成

その他

「家計の見える化」を行うには、バランスシート(貸借対照表 / BS)を
作成してみることが1番です。

満足な簿記や会計の知識がなくても家計レベルのBSであれば、
ネットでの情報を参考にしながらでも作成することができます。

新しい画像 (83)

具体的な金額は伏せていますが、リアルさを出す為、虫食い的に若干の
数字は入れてみました。

【資産の部】
やや安全資産に偏りが見られるものの適度に分散が働いています。
その他の商品券類などについては、まだ不明確なものもあり、完全には
把握できていません。また、保険の返戻金などもどのように項目付けして
行けばいいのか、これから検討する必要がありそうです。

【負債の部】
借入金はなし。奨学金等もありません。クレジットカードは全て1回払いで
翌月清算するスタイルを貫いています。

【資本の部】
(資産)-(負債)で計算。純資産率は95%以上を維持しており、きわめて
健全な状態であると言えます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました