【記念特集⑧】インデックス投資家のバイブルを読破!

インデックス投資家のバイブルといえば、『ウォール街のランダム
ウォーカー』と相場が決まっているようです。このブログでもたびた
び取り上げていますが、名著中の名著です。というより、一部の投
資家にとっては、「バイブル」ともいえるかもしれません。

新しい画像 (85)

あくまでアメリカの実情に即した本なので、日本人には一部翻訳の
意図がつかめない箇所があります。そういう意味では、私のバイブ
ルである『投資戦略の発想法』には劣りますが、再販を繰り返して
いるだけあって、その内容の全うさには定評があるようです。前半は、
株式の「歴史」や「価値」についての説明に重きを置かれ、後半に市
場(ウォール街)と向き合う為のテクニックが披露されています。

朝の通勤時間中に少しずつ読み進めながら、完読しました。内容
的に難しい箇所もありましたが、全体的には物語風というか、指南
書というよりも株式投資をネタにした読み物という印象を受けました。

こういう名著から得られる知識や経験則は、今後運用を続けていく
上で非常に役に立ちます。最低でも5回は繰り返し読み、考え方や
知識を自分の血や肉として昇華出来るようにします。

他にも読みっぱなしの本がいくつかあるので、これを機に時間を見
つけながら、「再読」をしていきたいです。

コメント

  1. のだゆ。 より:

    比較的頻繁に更新されていて、毎回楽しみに拝見しています。”「投資戦略の発想法』には劣りますが、…”の記事を見て、早速Amazonで書籍を発注しました‼

  2. taipon より:

    「投資戦略の発想法」は私のバイブルの1つです。
    読まれたらぜひ感想をお聞かせください。
    > 比較的頻繁に更新されていて、毎回楽しみに拝見しています。”「投資戦略の発想法』には劣りますが、…”の記事を見て、早速Amazonで書籍を発注しました‼

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。