失業保険の盲点

失業保険を受給する際に、離職理由がどちらになるかによって、給付をもらえる
日数や、開始日が変わることは一般によく知られています。

・会社都合…待機期間が(数日しか)ない

・自己都合…3ヶ月の待機期間がある

会社都合とは業績悪化による整理解雇や倒産などの場合、他の場合はほぼ
自己都合という解釈になるかと思います。

ただし、このルールには抜け道があります。

簡単にまとめると、「離職の直前3か月間に連続して45時間を超える時間外労働
行われ、それを理由に離職した者」は、会社都合になるということです。
会社側が解雇や人員整理、退職奨励をしていない場合でも、しっかりと会社都合扱
いとなります。

朝に呼び出されたのに残業がつかない。。。土日の研修に残業がつかない。。。そう
いった会社は多いと思いますが、給与明細等で証明できなくても、個人的なメモ書き
でも認めてもらえるケースが多いようです。

例えばですが、会社を辞めたくても次の転職先が決まっていないのであれば、期末
などの繁忙期の直後に辞めることで、この制度の恩恵に預かれる可能性が高くなり
ます。普段は雇用保険を堂々と納めているのですから、こういう制度は抜け目なく使
うべきでしょう。

会社側の総務には疑問を投げかけられる可能性はありますが、それは相手が勉強
不足なだけですので、強気に交渉しましょう。

意外と盲点な項目かと思いましたので、ブログで紹介しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。