生活防衛資金枠を10ヶ月に拡充

生活防衛資金の資産枠を、現状の6ヶ月から10ヶ月に拡充しました。
比率が高かった現金(普通預金)を財源とし、SBIネット銀行の定期
預金として設定しています。

生活防衛資金で1番重要なのは金利ではなく、その流動性です。
ただし、単純に普通預金にしてしまうと死に金にもなってしまいます。
折衷案として、1年未満の短期で定期預金を組み、できるだけ小口で
設定することにより、流動性を確保する事にしました。
万一、解約の憂き目にあっても金利の取り逃しが最低限で済みます。

現段階で退職した場合、「会社都合」で180日、「自己都合」で90日の
失業給付を受けられることが確認できています。転職する場合でも、
次が決まらない限りは移らないというのが鉄則なので、現時点では
自己都合退社は想定していません。つまり会社都合での想定となる
わけですが、これ(180日)と生活防衛資金をあわせると、16か月分
の生活防衛資金を確保したことになります。

あくまでも最終目標は2年(24ヶ月)分としているので、資金に余裕が
あるときに、1か月分ずつ拡充していきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。